日本健康太極拳協会宮城県支部




サイドメニューリンク

■ご投稿はこちらからどうぞ!!

会員の広場のタイトル

◎「膝の痛みは大極拳で治る?」
  双樹会 大槻文郎 平成27年1月5日

        

  私は、わりと若い時期から右膝に痛みを抱えるようになってしまいました。社会人になってから付き合いで始めたゴルフの影響じゃないかと思っています。
学生時代からやっていたテニスはフォア、バックと両側で打つのに対し、ゴルフは右利きの人は右打ちしかしません。ゴルフは下手なので、崖の中腹から打ったり、
谷底から打ったりで多分右ひざに思わぬ負担がかかっていたと思います。それから年を振るに従い、右ひざに鈍痛を感じるようになり時には病院で水を抜いてもらったことも
あるなど、右膝に痛みを感じる時期を長く過ごしました。普段の生活では特別に影響があるわけではありませんでしたが、父母がなくなった後からお寺に行く機会も多くなり、
正座ができないため寺の住職に特別に許可をもらい胡坐のままお経を聞くことを許していただいていました。専門の医師に診てもらったところ、半月板が損傷しているので、
手術する方が良いとのこと。そんな時仕事上の先輩が、数年前に同じ手術をして完璧に治り、大好きなゴルフをしているとの言葉に私もその気になり手術をしてもらいました。
ところが、手術は成功したのですが、3ケ月のリハビリを経過してもなかなか痛みはなくなりませんでした。
手術の少し前に仕事の関係から佐藤如風先生にお会いし、米沢に一緒に出張させていただいた折、原始仏教を中心に仏像のこと、太極拳などについて色々とお話を聞かせて
いただきました。私も50代半ばになっておりいつまでもテニスはできないかなとも思っていましたので、生涯できそうな運動として太極拳の呼吸法を学べればいいかなと
思い楊名時太極拳を教えていただくことにしました。ところが、折角教えていただくようになって2~3ケ月で膝を手術することになってしまい復帰するまで半年を要して
しまいました。でも先輩であるお仲間が楽しくリードしてくださったお蔭で、痛みを抱えながらも月に2回~3回はお稽古を続けられました。そのお蔭で毎年の審査会は必
ず受けることができ、最短で師範の審査も受けさせていただくこともできました。2013年10月の本部での審査会の時は古傷じゃない左の膝が加齢により悲鳴を上げて
ましたが、整形の医師に処方してもらった痛み止めを服用したおかげで何とか転ばないで24式を舞うことができました。あれから1年以上たちますが、最近は右も左も日常
生活では痛みを感じません。少しずつ筋力が増強されてきたことにより、曲がりにくかった膝も驚くほど曲げることができるようになっています。加齢により悪くなる一方
だと思っていましたが、逆に膝が柔らかくなってきています。太極拳のお蔭だと心から思わされる今日この頃です。とにかく長く続けることこそ大事なのでしょうね。



◎体験文「80才を迎えて」
               キッツスポーツスクエアせんだい 堤 幸子

 平成4年5月、私は、仙台へ引越して来ました。ちょうど、けやきが芽吹き始めた街路樹を眺め何とさわやかな街だろうと思いました。少しでも早く町並みを知りたいと思い一人でよく出歩き、 時には袋小路に入り苦笑いしたこともありました。
 今一番印象に残っていることは、一人で青葉山に登り、政宗公の銅像へ礼拝をして散策したことです。荒城の月の碑にさしかかり歌を口ずさんだ事が思い浮かびます。アップダウンもありましたが、 以前登山の経験をしていましたので上りも下りも何事もなく終了、よい経験をしたと思っています。
 人との交流を持ちたいと思い三越の別館(141)にありました消費生活センター内の社会見学会へ入り、グループを組んでハウス栽培のバラ園を見学しました。バラの香りが体全体を包んでくれて いるような気分でした。
  その当時、社会問題として一般家庭から出るゴミの収集や分別の仕方等についての説明や勉強会等も開かれましたので参加しました。こうした場が成果となり、今では、市民一人ひとりが細かく 分別して指定袋に入れて出すようになったのだと思います。カラスのいたずらを避ける網の効果も抜群です。
 人との交流でもうひとつかかせない経験はキリンスポーツクラブでした。今は社名変更になっていますが、色々なスポーツに取り組み汗を流していたころが懐かしく思い出されます。
 その後、私は病魔に襲われましたが、入院していた10階の病室から毎朝待合室へ行き、朝日が昇ると同時に太極拳を行うことを日課としました。1日も早く回復するようにと祈りながら、練功、 八段錦、太極拳を舞う日々でした。お蔭様で今は元気で毎日を過ごすことができ感謝の気持ちで一杯です。
 「継続は力なり」私の好きな言葉です。
 健康のためにこれからも太極拳を続けて行きたいと思っています。